TV取材風景
胃内バルーン留置術ムービー
楽な胃カメラ検査ムービー近日公開
胃カメラ検査の流れ
楽な胃カメラ検査
大腸検査の流れ
楽な大腸検査
明るいスタッフ
診療案内
地図・アクセス
リンク集

楽な胃カメラ検査

つらくない検査の工夫

当院では、楽に胃カメラ検査を受けられるように、様々な工夫をしています。
まず、人間は異物が咽頭(のど)に触ると無意識にそれを吐き出そうと「おえーっ」となる、咽頭反射があります。
胃カメラが楽に受けられるかどうかは、この咽頭反射を麻痺できるかどうか!にかかっています。
この咽頭反射は、若ければ若いほど強く出る傾向があり、高齢になるほど鈍くなります。
では、どうすれば、胃カメラ検査が楽にできるか?
当院では様々な工夫を行う事で、最終的に全員が楽な胃カメラ検査を受けて頂いております。

工夫1→細経の胃カメラ

カメラの先端が細ければ、咽頭反射も軽く抑えることができます。
そのため、通常の胃カメラは先端が約9ミリ経ですが、当院では最新式の先端が6.5ミリの細経の胃カメラを使用しています。

工夫2→経鼻カメラ

先端経が4.9ミリと細く、口からも挿入できます。しかし、口から入れるよりも鼻からの方が、咽頭反射は少なくなります。ただし、鼻腔が狭い人や鼻にアレルギーや病気がある人には挿入できない場合があります。

経鼻カメラが挿入できない場合や、経鼻カメラを行なっても咽頭反射がある場合

工夫3→静脈麻酔を行う

経鼻カメラで行っても、咽頭反射を起こす方がいます。
そのような場合に対して、静脈麻酔で咽頭反射をとって楽に検査を行う「ソフトセデーション」という検査法があります。
この方法で行った場合は、半分寝た状態で検査を受ける事ができます。
しかし、安全確保の人手や検査後に休むスペース(ベッド)が必要となり、全ての専門病院でできるわけではありません。

カメラ検査動画

実際に患者さんが胃カメラ検査を受けている映像をご覧になれます。
当院で行うカメラ検査の手順や、苦しくないカメラ検査を事前にご覧になり、安心して当院へお越しください。 →動画ページ

動画ページへ≫

当クリニックの胃カメラ

左から
  • 細さ9ミリの一般的な胃カメラ
  • 当クリニックが通常使用する最新式の細径カメラ
  • 鼻から挿入する極細の経鼻カメラ

豊富な経験と技術

当院では様々な工夫を行ない、最終的には全員に楽な胃カメラ検査を受けて頂いております。