TV取材風景
胃内バルーン留置術ムービー
楽な胃カメラ検査ムービー近日公開
胃カメラ検査の流れ
楽な胃カメラ検査
大腸検査の流れ
楽な大腸検査
明るいスタッフ
診療案内
地図・アクセス
リンク集

楽な大腸検査

つらくない検査の工夫

大腸は1メートル以上も長く、曲がりくねっています。そのため、大腸カメラを苦痛なく肛門から盲腸まで短時間で検査を行うには、何年もの経験からの熟練した技術が必要です。
そのため、大腸カメラ検査は、専門医での検査をお勧めします。
通常、若い男性(中肉中背)の方であれば、大腸カメラの検査は痛みも無く5分程度で終了します。しかし、中には大腸カメラの挿入が大変難しい人がいます。頑固な便秘の方、ご高齢で痩せた女性、および婦人科の手術を受けた事がある人などは、熟練した専門医が検査をしても、大腸カメラ検査時に痛みを感じる事があります。その様な方のために、当院では様々な工夫を行う事で、ほとんどの方に楽な大腸カメラ検査を受けて頂いております。

工夫1→細経の大腸カメラ

カメラの先端が細ければ、痛みも軽く抑えることができます。
しかし、挿入性やポリープがあった時の処置に難点もあり、普段は通常経の大腸カメラで行いますが、ご高齢の方や術後で腸に癒着がある方に使用します。

工夫2→静脈麻酔を行う

大腸検査のため、恥ずかしく感じる方もいます。そのため、初回検査の方には全例に静脈麻酔を行い、少し眠い状態で検査を行う「ソフトセデーション」という検査法で行います。
また、痛みを感じる方は、この静脈麻酔を追加して半分寝た状態で検査を受ける事ができます。しかし、安全確保の人手や検査後に休むスペース(ベッド)が必要となり、全ての専門病院で出来るわけではありません。
また、この「ソフトセデーション」という方法は、呼吸などに影響があるため、肺にご病気をお持ちの方や70歳以上の方には行えない場合があります。

豊富な経験と技術

大腸カメラは、腹部や産婦人科などの手術後による腸内癒着があった場合など、静脈麻酔を行なっても痛みを訴える場合があります。 しかし、痛みを訴える人は約10%以下であり、盲腸までの到達率は100%です。