TV取材風景
胃内バルーン留置術ムービー
楽な胃カメラ検査ムービー近日公開
胃カメラ検査の流れ
楽な胃カメラ検査
大腸検査の流れ
楽な大腸検査
明るいスタッフ
診療案内
地図・アクセス
リンク集

胃内バルーン治療ダイエット(胃内バルーン留置術)

胃内バルーン留置術とは?

胃の内にシリコンで出来た風船(医療用バルーン)を挿入して胃の満腹感を促進し、これによって 食べられる量を少なくして減量する方法です。

挿入前のバルーン

胃の中で膨らんだバルーン

誰でも治療が受けられるのか

20歳以上で、日本肥満学会の基準で肥満3度以上(BMI:35)の高度肥満症例に限られています。 BMIとは、体重(kg)÷身長(m) であり、BMIが35の場合は、身長150cmで80kg、 160cmで90kgとかなり高度な肥満の方に限られます。

費用について

全額自己負担であり、シリコンバルーン自体に約35万円掛かります(アメリカからの並行輸入)。 バルーンを挿入した後に2〜3日の入院も必要であり、総額で約45万円前後の費用が必要です。

これまでに報告されている症例数と効果について

まずこれまでに約70個が輸入されており、実際の使用は約50症例です。 北海道については、今回は第一例目となりました。 シリコンバルーンは、6ヶ月後に抜く事が決まりになっています。それまでに、約7〜20kgの減量が出来たと 報告されています。しかし6ヵ月後にバルーンを抜去した後、約50%の人がリバウンドするようです。

実際に行った胃内バルーン留置術―動画

2009年4月15日、当院で実際に「胃内バルーン留置術」を行った患者さんの様子をご覧頂けます。

症例:42歳・男性  【身長】169.7cm 【体重】103.8kg 【BMI】36.4

胃内バルーン留置術ムービー

胃内バルーン摘出術ムービー

胃内バルーンダイエットレポート ― 7ヶ月後 ―

治療前 7ヶ月後 治療前 7ヶ月後

【体重・腹囲の推移】

7ヶ月経過後

【体重】
-10.8kg

【腹囲】
-13.5cm

 

【血液結果の推移】

7ヶ月経過後

【HbA1c】
-3%

【LDLコレステロール】
-30mg/dl

【GPT】
-74IU/l